朝老園の想い

経営理念

1.利用者の希望に沿った介護サービスに努めます。
利用者の尊厳と安全を第一とし、利用者のニーズに応じた目的・支援計画の下、包括ケア提供施設として、生活機能の維持・向上を総合的に支援します。
2.利用者の自立した生活の実現を目標と致します。
体力や基本動作の維持、生活機能向上を目指し、生活全体をとうした全職種共同によるリハビリテーションを行います。
3.明るく家庭的な雰囲気の中での生活と地域や家族との交流を重視します。
自立した在宅生活が継続できるよう、予防介護に努め、入所・通所・ショートステイなどのサービスを提供し、地域サービス期間と強調し、ご家族の介護負担の軽減に努めます。

愛される施設を目指して

朝老園は、住み慣れた地域で医療・介護・予防・住まい・生活支援が受けられる「地域包括ケアシステム」の構築を実現できました。 これにより利用者やご家族の方に、安心して施設へのサービスを受けて頂ける事が可能となり、医療とリハビリ機能を併せ持つ介護施設として、 この地域における高齢の介護を支援する拠点となるよう適切な事業の実施に取り組んでいきます。

利用者の方々に対し、ベストの生活支援を実現するために、職員一人一人が自らの自由意志で運営することを前提として、 地域に根ざした施設の構築のため、家族、地域、住民、市町村自治体、保健、医療、福祉施設等と連携し、地域一体となったケアを積極的に担います。 また、評価、情報公開を積極的に実施し、介護サービスに努めます。以上の事業方針を実現するために次の3つのことについて日々努力して参ります。

  1. 組織、目標、指示に基いて、職務を処理する「職務遂行能力」の確保に努めます。
  2. 職務の遂行に際して、関連職域の協力を得て「協働調整能力」の確保に努めます。
  3. 職務遂行過程に発生する問題をタイムリーに処理可能な「問題解決能力」の確保に努めます。
職員勤務心得